サービス内容

科学技術サービス

可視化技術

検討内容・解析例

災害時避難シミュレーション

PDF

適用分野および特徴
  • マルチエージェントモデルによる避難シミュレーション
  • 粒子法(MPS)を応用したエージェントの移動計算
  • Social Forceによるエージェント間の距離調整のモデル化
  • 3次元CGによるシミュレーション結果の可視化
詳細
■ OS
○ Windows

■ 開発言語
○ C++

■ 開発ツール
○ Visual Studio

■ 知識・技術トピック
○ 災害時の避難行動のシミュレーション
○ エージェント位置、移動速度等のデータ出力
○ GISを使った地図上での簡易可視化機能
○ 3次元CGによる避難行動の映像化

流体シミュレーションの可視化

PDF

適用分野および特徴
  • 3次元シミュレーターphoenixFDによる流体解析が可能
  • リアリスティックな流体映像の出力
  • 解析結果に基づいた可視化
詳細
■ OS
○ Windows

■ 開発言語
○ MAXscript
〇 python

■ 開発ツール
○ 3dsMAX
〇 Blender
〇 AfterEffects

■ 知識・技術トピック
○ phoenixFDによる流動解析
○ 実景に解析結果の重ね合わせ
○ VRコンテンツへの展開が可能

VR(Virtual Reality)システムの構築

PDF

適用分野および特徴
  • VR(Virtual Reality)を用いた体感型避難シミュレーション
  • ゲームエンジンを用いたリアルタイムCG
  • 防災に向けたコンテンツの提供
詳細
■ OS
○ Windows

■ 開発言語
○ MAXscript
〇 python
〇 C#

■ 開発ツール
○ 3dsMax
〇 Blender
〇 Unity

■ 知識・技術トピック
〇 3dsMax、Blenderによるリアルな背景の作成が可能
〇 Unityによるシーン構築により多様なカスタマイズが可能
〇 ヘッドマウントディスプレイを用いた疑似体験が可能

AR(Augmented Reality)システムの構築

PDF

適用分野および特徴
  • AR可視化システムによる防災アプリケーションの開発
  • スマートフォン、タブレットを用いた操作が可能
  • リアルタイムに空間の把握、CGの重ね合わせが可能
詳細
■ OS
○ Windows、Android、iOS

■ 開発言語
○ MAXscript
〇 python
〇 C#

■ 開発ツール
○ 3dsMax
〇 Blender
〇 Unity

■ 知識・技術トピック
〇 TangoSDK開発キット
〇 3dsMax、Blenderによるモデル作成

MR(Mixed Reality)システムの構築

PDF

適用分野および特徴
  • VRとARによる複合実現が可能
  • 複合現実によるデジタル情報の重ね合わせ
  • 空間に配置されたCGを自由な位置・方向からの観察
詳細
■ OS
○ Windows

■ 開発言語
○ MAXscript
〇 python
〇 C#

■ DB/開発ツール
○ 3DSMAX
〇 Blender
〇 Unity

■ 知識・技術トピック
〇 3次元ホログラムを用いた疑似体験が可能
〇 数値解析結果の可視化
〇 リアルタイムCG合成

PAGETOP