サービス内容

空間データ処理サービス

資産データ作成、被害算定

検討内容・解析例

建物ポリゴンを利用した資産データの作成

PDF

適用分野および特徴
  • 治水経済調査マニュアル 令和2年改訂版に準じた資産作成および被害算定
  • 建物ポリゴンを利用した資産配分が可能
  • 建物占有率の算定
  • 解析メッシュに応じたデータ作成が可能
詳細
■ 建物ポリゴンを利用した資産データの作成
建物があるメッシュに資産が配分されるので、解析メッシュサイズに対応した資産データが作成でき、実情(利用データ)に則した被害算定が行える。以前は、建物がない(人がいない)メッシュに浸水がある場合も被害が計上されていた。

■ 機能
・国勢調査125m(1/8)メッシュ、経済センサス、500m(1/2)、メッシュデータを利用したメッシュデータ作成
・作成データは、25m,10m,5mメッシュなど様々なメッシュサイズのデータ作成が可能
・治水経済調査マニュアル(案)の算出項目に対応

■ 備考
・出力ファイルはGISデータ形式、csv形式など仕様に合わせたデータ作成が可能 
・Shape形式を代表とした様々なGISデータ形式で提供が可能

PAGETOP