サービス内容

解析技術サービス

風環境(ビル風)評価

検討内容・解析例

風環境(ビル風)評価

PDF

適用分野および特徴
  • 中層~高層の建物建築により周辺の風が変化し、強風の発生が懸念される場合の風環境評価
  • 強風時の建物内への風の吹きこみの発生検討、要因の検討と対策
  • 住民説明、環境影響評価
詳細
■ 計算対象項目
・乱流モデルを用いた風速場
 地形・建物、対象建物を高解像度でモデル化することにより、周辺風環境を評価
・風環境評価
 村上方式や風工学方式による風環境ランク評価建築前後の風速比、風力階級による評価も可能
・風環境対策
 植樹や防風フェンスによる効果、建物形状変更による影響を評価

■ 備考
〇 検討期間
風況~建築前後の計算・風環境評価:2 週間~

PAGETOP