サービス内容

解析技術サービス

広域拡散解析

検討内容・解析例

広域拡散解析

PDF

適用分野および特徴
  • 起伏のある広域での大気拡散影響評価
  • 工場排煙など数km~数10㎞の範囲を対象とした3次元拡散解析が可能
  • 大気環境アセスメント、住民説明
  • 煙突高さの検討、建物・地形改変による影響検討
詳細
■ 計算対象項目
・乱流モデルを用いた風速場
煙突・排出源周辺の地形・建物を高解像度でモデル化することにより、ダウンウォッシュ・ダウンドラフトを再現可能
・温度拡散
排出ガス温度が高い場合、温度場も計算して浮力による上昇を考慮可能
・大気拡散
排出源の濃度・速度(または流量)を設定して、濃度の移流拡散を計算。複数排出源も考慮可能

PAGETOP